ちばれー通信 - HENTAI JAPAN -

モンハン腐ゲーオタ変態JDによる大人向け多次元ブログ。 任天堂&ソニーとデコと褐色と男の娘大好き。

    タグ:倒産


    としあき 15/03/05(木)20:28:36
    「美術手帖」など出版 明治38年創業の老舗出版社 株式会社美術出版社
    民事再生法の適用を申請 負債19億6300万円 
    004_1425554916993
    当社は、1905年(明治38年)創業、44年(昭和19年)3月に法人改組された。
    美術関係専門の老舗出版社として100年以上の業歴を誇り、美術・デザイン・
    建築物など芸術分野に関する雑誌・書籍の出版を手がけていた。

    月刊誌「美術手帖」を看板雑誌に、「美学」のほか、書籍「カラー版西洋美術史」
    「カラー版日本美術史」などの画集作品集、美術選書、芸術史、辞典なども扱っていた。
    年間30~40点の新刊を発刊し、2014年3月期には年売上高約12億800万円を
    計上していた。しかし、従前から多額の負債を抱えていたうえ、業界環境の悪化から
    本業の出版事業の売り上げも落ち込み、苦しい資金繰りが続いていた。
    このため、過大な債務負担を圧縮するべく、民事再生法による再建を目指すこととなった。 

    負債は2014年3月期末時点で約19億6300万円だが、その後変動している可能性がある。 
    【「コミッカーズ」「美術手帖」の株式会社美術出版社が倒産】の続きを読む


    rezon_11
    1: 名無しさん必死だな@\(^o^)/ 2015/02/19(木) 14:27:51.48 ID:79BEaQHs0.net
    プレイステーションソフト「悟空伝説」などを発売 平成11年に事業を停止
    http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20150219-00010001-biz_shoko-nb

    当初はアーケードゲームの開発を手掛け、
    「アルユメ」のブランドでシューティングゲーム「レゾン」、
    アクションゲーム「ブランディア」を発売するほか、ガンダムシリーズの
    アーケードゲームの開発実績なども有していた。
    その後、ゲーム機器の主流がアーケードタイプから家庭用に移ったことに伴い、
    プレイステーション用ソフト「悟空伝説」、「アイドルプロモーション すずきゆみえ」などを
    発売、平成9年10月期は売上高9億5544万円をあげていた。
    負債総額は約2億円。

    【R-TYPEのパクリゲー「レゾン」のゲームメーカー「アルュメ」が破産】の続きを読む


    (引用元 : http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/ghard/1415885397/)
    lastreve
    1: 名無しさん必死だな@\(^o^)/ 2014/11/13(木) 22:29:57.93 ID:LNPJ2dJk0.net
    http://www.fukeiki.com/2014/11/hitmaker.html

    官報によると、東京都新宿区に本拠を置くゲームソフト開発の
    「ヒットメーカー株式会社」は10月29日付で東京地方裁判所より
    破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

    同社のホームページによると、1998年に設立の同社は、
    コンピューターや家庭用ゲーム機向けソフトウェアの企画・開発を
    主力に事業を展開し、これまでに「Dinocrisis3」「ブレイドダンサー」
    「ドラグナーズアリア「ウィッチテイル」「LastRevelion」
    などのタイトルを企画・開発したほか、ゲームソフトの英語版
    ローカライズなども手掛けていました。資本金は300万円です。 

    事件番号は平成26年(フ)第9062号で、破産債権の届出期間は
    12月3日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・
    計算報告の期日は2015年1月26日までです。

    【あの伝説のKOTY「ラストリベリオン」を開発したヒットメーカーが倒産】の続きを読む


    (引用元 : http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1412142785/)
    wonderboy
    1: クロイツラス(東日本)@\(^o^)/ 2014/10/01(水) 14:53:05.81
    sssp://img.2ch.sc/ico/nida.gif
    (株)ウエストンビットエンタテインメント(TSR企業コード:292470061、
    墨田区向島3-3-1、設立昭和61年5月、資本金2200万円、
    西澤龍一社長、従業員6名)と関連の(株)ビットエンジェル(TSR
    企業コード:298167425、同所、設立昭和56年4月、資本金1000万円、
    同社長、従業員2名)は9月24日、東京地裁より破産開始決定を受けた。
    破産管財人には中村直裕弁護士(IAL綜合法律事務所、港区西新橋
    1-12-8、電話03-5157-2322)が選任された。

    負債総額は調査中。
    ウエストンビットエンタテインメントはコンピューターゲームソフトの開発業者で
    昭和61年に開発したアーケード用アクションゲーム「ワンダーボーイ」や
    アクションRPGゲーム「モンスターワールドシリーズ」で知名度をあげた。
    その後、平成9年にプレイステーション用の「装甲騎兵ボトムズ外伝
    青の騎士ベルゼルガ物語」、15年には「新世紀エヴァンゲリオン綾波育成
    計画」などを開発し、ピークとなる平成10年3月期は売上高約1億8300
    万円をあげていた。
    また22年、(株)インデックス(TSR企業コード:294286861、世田谷区)が
    iPhone用アプリとして販売した犬のボイス翻訳機「バウリンガル」の開発
    にも関わっていた。

    しかし、その後ヒット作品がなく、24年3月期の売上高は約4000万円に低下し、
    事業採算も確立できず最近は事業活動を休止していた。
    関連の(株)ビットエンジェルはネットを利用した事業経営のコンサルティングを
    行っていたが、ウエストンビットエンタテインメントに連鎖した。

    http://news.goo.ne.jp/article/tsr_net/business/tsr_net-5637.html

    【「ワンダーボーイ」「モンスターワールド」のウエストンが破産】の続きを読む

    このページのトップヘ

    グランドクエスト オンラインゲーム小悪魔カノジョ ダウンロード販売