ドラゴンクエストVI幻の大地

¥11400  1995.12.9  エニックス


(Ending)

ムーア「グギギギ……な なぜだ……
この私が こんな虫ケラどもに
やぶれてしまうとは……
ムーア「い いしきが うすれてゆく…
私の 私の世界が……くずれ……
ぐはっ!!

*「-!-!
私の声が 聞こえるかっ!?
私だ マサールだっ!
マサール「いそいで そこを脱出しろ!
なぜだか わからぬが この世界が
くずれおちようと しているのだ!
マサール「はっ………!も もしや
そなたたち デスタムーアをっ!?
そうか そうなのだなっ!
マサール「よし わかった!
われわれは このはざま世界に
とじこめられた人びとを助ける!
マサール「そなたたちまで 手は
まわらぬが そなたたちなら
自力で 脱出できるだろう!
マサール「ゆくぞ クリムト!
クリムト「はい 兄上!

ゼニス王「よくやった -よ!
デスタムーアは ほろびさり
はざまの世界も 消えうせた。
ゼニス王「はざまに とらわれていた
人びとも そこの ふたりに
助けだされた。
ゼニス王「これで 世界は
真の平和へと むかっていくだろう。
ゼニス王「これも すべて
そなたたちの おかげじゃ。
本当に ごくろうであったな。
ゼニス王「そなたらが いなければ
現実と夢の 両方の世界は
魔王の手におちていたはずじゃ。
ゼニス王「この夢の世界 いわば
人びとの 心の世界を たばねる
王として 心から礼をいうぞ!
ゼニス王「ありがとう -よ。
そして ほかの者も
本当に よく やったな!
ゼニス王「さて…………。
どうやら そろそろ
お別れの時が きたようじゃ…。
ゼニス王「ここは 本来 そなたらが
存在するはずのない 夢の世界…。
ゼニス王「この世界を 支配するため
実体化させようとしていた大魔王の
チカラも もう つきてゆくはず。
ゼニス王「されば 現実の そなたらには
おそらく この世界も われわれの
すがたも 見えなくなるであろう。
ゼニス王「しかし 案ずるでない。
世界が あるべき 本当の姿に
もどるだけなのじゃからな。
ゼニス王「さあ ゆくがよい。
みなが そなたたちの帰りを
まっておるだろう。
テリー「さて…と じゃあ
いくと するか……。
テリー「こういう場所は 苦手でね。
わるいけど ひと足 先
馬車に もどってるぜ。
ミレーユ「あ!まってよ!
そんなに いそがなくても…
ミレーユ「まったく しかたない子ね…
ミレーユ「ごめんなさいね -。
そんなわけだから わたしも
先に 馬車に もどっているわ。
ミレーユ「ゆっくりしてきて いいわよ。
ミレーユ「では ゼニス王……。
ゼニス王「ふむ…。

*「おおっ そなたたちは
-と ハッサン!
*「王さまが おまちかねだぞ。
ささ 通るがよい!
ソルディ「おお 無事に もどったか
-に ハッサン!
ソルディ「私も 大賢者マサールどのと
クリムトどのに みちびかれ
もどってきたのだ。
ソルディ「そなたらにも ずいぶん
助けられたな。礼をいうぞ。
ソルディ「ところで レイドック王が
さきほどから いらっしゃらない
ようなのだが…
ソルディ「なにやら
書きおきが あってな。
ソルディ「ええと…-に
ハッサン ごくろうであった。
ソルディも 無事で なにより。
ソルディ「わしは 下で まっているので
あとで カオを 見せるように。
レイドック王
ソルディ「ふーむ……。これは
いったい どういう意味なのか…。

カルベ「ごくろうじゃったな バーバラ。
大魔王の魔の手から 世界は
すくわれた。
カルベ「お前は もう 大魔女と
名のっても はずかしくないほどの
魔力も 身につけた。
カルベ「長老さまも よろこんで
おられるじゃろうて……
*「しかし 私が長老さまのフリを
しているのも そろそろ限界かと…
バーバラ「じゃあ あたしに 長老に
なれって いうの?
カルベ「いや そうは いわん。
お前は 若い。まだまだ
学ぶことは 多いはずじゃ。
カルベ「わしは ゼニス王のもとで
学ぶことを すすめる。
カルベ「あそこには わしらですら
知らぬ魔法が ねむっているかも
しれんからのう。
バーバラ「うーん…。でも あたし
もうちょっと 考えてみる。
どうするか 自分で決めたいの。
カルベ「うむ それが よいじゃろう。
バーバラ「ごめんね まだ 自分で
自分が よく わからなくて……。
バーバラ「行こっ -。
ほかのみんなを 送ってあげなきゃ。

*「よーっ -!
帰ってきたか!
*「いま みんなで お前の話を
してたところだぜ。
さあ こっちへ 来いよ!
村長「おお -!
まっておったぞ!
村長「やはり お前の おかげ
だったのだな?
村長「ああ いわずとも わかっとる!
なにしろ まものが ちっとも
いなくなったのだからな。
村長「これは おそらく -が
なにか とんでもない まものの
親玉を たおしたに ちがいないと…
村長「そう みんなで 話して
祝っておったのだ。いや
-よ よくやった!
村長「さあ 今日は わしの おごりだ!
みんな ぱーっと やってくれい。
村長「ささ -も…。
それから そこの仲間たちも
本当に ごくろうじゃったな。
村長「わっはっは! ゆかいじゃ!
こんなに きぶんが いいのは
ひさしぶりだわい。
ターニア「あ!おかえりなさい。
よかった……もう ここには
もどってこないんじゃ……って
ターニア「-にいちゃん!
やくそくしてっ!
ターニアのこと 忘れないって…。
ターニア「あ……ごめんなさい
私 いきなり なにを
いってるんだろ。でも…
ターニア「ねえ -にいちゃん。
私 本当のことが わかる気が
するの。なんとなくだけど。
ターニア「-にいちゃん
私……
ターニア「私…なんだか
ねむくなってきちゃった…。
ターニア「-にいちゃん
さよならだね。 でも きっと
また 会えるよね。
ターニア「-にいちゃん
だいすき… さよなら…。

ミレーユ「おばあちゃん ただいま!
テリーも いっしょよ。
グランマーズ「うん うん
よくもどったね ミレーユ。
そして……
グランマーズ「テリー あんたもね。
あんたは 初めてだろうけど 私は
いっつも あんたを 見ていたよ。
テリー「…………。
グランマーズ「それにしても
お前さんたちが デスタムーアを
たおしてしまうとはのう……。
グランマーズ「夢を見るのは
いいことじゃ。夢は 希望をうみ
希望は 生きるチカラをうむ。
グランマーズ「しかし ときに 夢は
欲望をうむこともある……

グランマーズ「ヤツは きっと
自分のおろかな夢と その欲望に
のみこまれて いたのじゃろうな

グランマーズ「ともあれ お前さんたちは
よく 戦ったよ。ふたつの世界を
守りきったのだからね

グランマーズ「これからは また
以前のように 平和な日々が
送れるってもんだよ

ミレーユ「
あの…おばあちゃん?
グランマーズ「なんだい?ミレーユ

ミレーユ「私を 弟子にしてほしいの。
夢占い師として 私のチカラを
だれかの役に立てたいの

グランマーズ「ほーっほっほっ。
なにを 今さら…… わしは
最初から そのつもりじゃったよ

ミレーユ「ありがとう おばあちゃん

グランマーズ「礼など いらんて。
さて それじゃ また ごちそうの
用意でも するとしようか……。

*「ねえ あんた。
少しは 休まないと……。
*「てやんでえっ。バカ息子が どこかで
どえらいことを やらかしたってのに
休んでなんか 
いられるかってんだ!
*「おやおや……。ハッサンが いない時は ちょっとは
まともなことを いうのね

*「あ あんた……

*「
ん?
ハッサン「エヘヘ…。
今 もどったぜ……

*「あ あんた
 ハッサンだよ
ハッサンが 帰
ってきたよ!
*「ああ わかってる……

ハッサン「オフクロ… それに親父…。
いろいろ心配を かけて
わるかったな

*「なんでえ。いっぱしの仕事を
やりおえたような
すがすがしい顔 しやがって。
*「へんっ! そんな すごい仕事が
できる男に なったんだったら
こんどは 大工でも してみやがれ!
*「あ 
あんたっ!?
ハッサン「…というわけだ-。
オレは 親父のあとを ついで
りっぱな大工に なる

ハッサン「長い つきあいだったが
みんなとは ここで おわかれだ

チャモロ
「……………
ハッサン「おいおい 悲しい顔を
するなよ。 みんな 自分の家に
帰るだけじゃないか

チャモロ「そ そうですね。
また いつでも会えるし……

ハッサン「そういうこと!
じゃあ - ミレーユ
気をつけてな。

*「ややっ チャモロさまっ!
*「なんと! おかえりに なるのが
わかっていれば おむかえに
あがりましたものを!
チャモロ「おじいさまは 中ですか?
*「いえ…。さきほど とつぜん
神の船が もどってまいりまして
長老
さまは……
チャモロ「神殿ですね

チャモロ「おじいさま いま
もどりました

長老「よくぞ もどった
 チャモロよ!
おおっ まるで別人のように
たくましくなって。見
ちがえたぞ!
チャモロ「おじいさま。
この船は いったい……

長老「ふむ。まことに ふしぎよのう。
役目を おえたかのように
ひとりでに もどってきおった。
長老「とにかく よく やったな。
そなたらは ゲントの術でも いやせぬ
人びとの未来を すくったのじゃ。
長老「われら ゲントの神も さぞや
およろこびじゃろう

チャモロ「-さん。 わたしは
これから この村で 病気の人のため
はたらいてゆかねば なりません

チャモロ「もし ケガや病気で
苦しむことが あったら
私を よんでくださいね

チャモロ「では みなさんに
ゲントの神の祝福が あらんことを。

*「ほ…本当に ミレーユと
テリー……なのか……?
ミレーユ「はい おとうさま。
*「わしを 父と よんでくれるのか?
おまえを 売ってしまった
このわしを……!
ミレーユ「もちろんです。だって
身よりのない 私たち姉弟を
ひきとって……
ミレーユ「ここまで 育ててくれたのは
おとうさまと おかあさまですもの

*「おお
 ミレーユ……!
テリー
「……………。
ミレーユ「ところでね 私 夢占い師に
なりたいの。グランマーズという
人のもとで 勉強したいの

*「わしは…わしは ふたりが
生きていたというだけで
じゅうぶんじゃ。
*「こうして 会いに来て
くれただけで じゅうぶんじゃ。
*「だから 好きなことを やるがええ。
わしらのことなど 気にせずにな

ミレーユ「ありがとう おとうさま
おかあさま

テリー「
フン!
ミレーユ「- ここで
おわかれして 
いいかしら?
ミレーユ「もう しばらく こうして
4人で 話していたいの……。

バーバラ「どうしたんだろうね。
どこにも だれも いないよ。
村長「おお - 
もどったか!
村長「…と もう -などと
よびすてに しては
いかんかったな。
村長「-どのは
レイドック城の 王子さまでしたな。
村長「しかし この世界を
すくった おかただ

村長「ところで 王子。
もう お城には
もどられましたかな?
村長「なんでも お城で せいだいな
祝いが 
ひらかれるとかで…
村長「ターニアや ランドや…
おもだった者は お城に招かれて
でかけてゆきましたぞ

村長「わしも よばれたが 城とか
そういうのは ニガテでな

村長「こうして ひとり
るすばんですじゃよ。

レイドック王「よくぞ もどった
わが息子 -
よ!
レイドック王「大魔王は お前たちの
かつやくにより 
ほろびさった!
レイドック王「見よ すみわたる空を!
感じよ 心地よい風を!
それこそが 真の平和
のあかし!
レイドック王「それを もたらしたのが
わが息子とは 父として
これほど 
うれしいことはないぞ!
シェーラ「-……
本当に よく がんばりましたね。
あなたの使命は もう 終りました。
シェーラ「これからは
この国の 王子としての生活に
もどるのです

レイドック王「ところで さきほどから
気になっていたのじゃが そこの
かわいい娘さんは 
だれなのだ?
バーバラ「
え?え?あたしのこと?
レイドック王「よい よい。しかし
-も この わしに にて
なかなか すみに おけんな

レイドック王「そんなに
かわいい娘を つれてもどって
くるとはなっ

バーバラ「…………」
シェーラ「
あなた……
レイドック王「おお! そうであったな!
みなのもの うたげの準備
じゃ!
レイドック王「-
お前の友人たちも よんでおるぞ!
さあ うたげじゃ うたげじゃ!
兵士たち「おーっ!!

ターニア「-にいちゃ……いえ
-王子さま。
(はい)ターニア「おまねき ありがとう
ございます。魔王とうばつの旅
ごくろうさまでした……。
(いいえ)ターニア「えっ じゃあ これからも
-にいちゃんって よんでも
いいのね。
ターニア「-にいちゃん
だーーい好きっ!!

バーバラ「あっ -……
バーバラ「さみしいけど
そろそろ おわかれの時が
きたみたいね……

バーバラ「ほらっ あたしは
みんなと ちがって
自分の実体が 
なかったから……
バーバラ「さようなら 
-……
バーバラ「みんなにも 
よろしくね…
バーバラ「あたしは みんなのこと
ぜったいに わすれないよって…


(Staff Roll)

DRAGONQUEST VI
STAFF

SCENARIO & GAME DESIGN

YUJI HORII

CHARACTER DESIGN

AKIRA TORIYAMA

MUSIC COMPOSE

KOICHI SUGIYAMA

DIRECTION & MAIN PROGRAM

MANABU YAMANA

PROGRAM

JINJI HORAGAI
KATSUYA TESHIMA
YASUSHI WATANABE
JUN SAKAMOTO

MONSTER DESIGN

AKIRA TORIYAMA
KATUYOSHI NAKATURU

GRAPHIC DESIGN

SHINTAROU MAJIMA
TAKASHI YASUNO

SOUND DESIGN

TSUKASA TAWADA
HITOSHI SAKIMOTO

SCENARIO ASSIST

FUMINORI ISHIKAWA
SACHIKO SUGIMURA
KAZUNORI ORIO
MASAYO FUDA

PROGRAM ASSIST

AKITAKA SHIGENO
YUKO MIURA

GRAPHIC ASSIST

YASUMASA KAWASAKI
MASAHIRO WADA
NORIKAZU MASAKI

TEST PLAY

HIROOMI TANAKA
MARIKO NUMAJIRI
HIROFUMI KURODA
M.NUKINA
K.OOWADA
M.KAKIZAWA
K.IKEDA
D.ISHIZUKA
Y.KAGAYA
M.IWAKIRI
M.ENDO

TEST PLAY

Y.YAMAGISHI
S.FUTAMI
Y.KIKUMOTO
J.TODA
Y.WATANABE
K.KANO
H.FUJIMOTO
Y.SAITO
N.NAKANOME
K.SAIKI
E.SHIMAMURA
M.NAGASE
D.KOBAYASHI
S.WACHI

PUBLIC RELATIONS

DAIZO SHIMAMURA
HIDEKI YAMAMOTO
TOMOKO MIYAZAWA

ARTWORK

TAKASHI OTUKA
NAOKI OISHI

TECHNICAL SUPPORT

SADAO YAHAGI
YOSHIRO TAKESHITA
KAZUFUMI HONDA

PRODUCE ASSIST

TAICHI INUZUKA
MARIKO IIDA
YOUICHI HAYAKAWA
KEIJI HONDA

PRODUCE

YUKINOBU CHIDA

PUBLISHER

YASUHIRO FUKUSHIMA

COPYRIGHT

1995 ARMOR PROJECT
1995 BIRD STUDIO
1995 KOICHI SUGIYAMA
1995 HEART BEAT
1995 ENIX


レイドック王「どうじゃな?
お前も そろそろ 王になることを
えてみては?
(はい)レイドック王「おお!
それでこそ わが息子
じゃっ!
(いいえ)レイドック王「そうか……。まあ よい。
お前が その気に なるまで
まつとしよう。

シェーラ「-……。
ずいぶん たくましくなったけど
私たちから見れば まだまだ
子供。
シェーラ「ゆっくり あせらずに
自分の道を えらべばいいのよ。

ミレーユ「いい? それじゃ
はじめるわよ。

ハッサン「なんだよ なにが
はじまるってんだよ
わざわざ よびつけてさ。

チャモロ「シッ しずかに……。

テリー「……………。

バーバラ「すごい…… いよいよね。

男「生まれる 生まれるだよっ!

ゼニス王「うむ……。
ついに 育ったのじゃ
われわれの 未来が……。

バーバラ「どんなのかしら……
あたしたちの 未来は……。

The End