バハムートラグーン

¥11400   1996.2.9   スクウェア


(Last Scene)

最終章
『明日のみえぬぼくたち』

マテライト「アレキサンダーが復活したのじゃ!
おおいそぎで準備じゃ!

ヨヨ「ビュウ……。
もう一度だけアレキサンダーを
倒すことができたら
あとはわたしにまかせて。
きっと、だいじょうぶだから。

マテライト「オレルス救世軍いちどう!
この戦いに勝利し……家へ帰るのじゃ!


センダック「どうしよう!
アレキサンダーがまた復活しちゃう!

ヨヨ「だいじょうぶ!
わたしにまかせて!

パルパレオス「ヨヨ!

ヨヨ「パルパレオス!

ヨヨ「マテライト! センダック!

ヨヨ「オレルスの仲間たち!
みなさんもちからを!
わたしにちからを!
強さをください!

ヨヨ「ビュウ……
あなたも……おねがい……

ヨヨ「わたし、ビュウには
きらわれてる……
わたしがいることで
ビュウを
いやな気分にさせてしまう……
それはわかっているの……

ヨヨ「でも……ビュウ。
あなたはやっぱり
わたしの大切な人なの。

ヨヨ「あなたがいなければ
いまのわたしはいなかった。
わたしに大切なこと……
教えてくれた……
空をこえてつたわる気持ち……
ほんとうにあること……

ヨヨ「いまだけでいいの……
わたしに……強さを!
あのころのように!

ヨヨ「ありがとう……ビュウ。

ヨヨ「ねえ、ビュウ……
もっとつよく、つかまってもいい?

ヨヨ「もう、つかまっちゃった……

ヨヨ「さあ! 神竜の王アレキサンダーよ!
わたしのなかにはいってきなさい!
あなたなんか恐くない!
わたしにはみんながついているから!
みんなが強
さをくれるから!
アレキサンダー!!
来なさい!


マテライト「なにがおこったんじゃ!

センダック「アレキサンダーが姫の中に!?

パルパレオス「それでは……
ヨヨの中で神竜たちが
戦いをはじめたのか!?

パルパレオス「だれか! だれかなんとかしてくれ!

マテライト「ヨヨさま! ヨヨさま!

マテライト「おう!竜人!
はやくなんとかするんじゃ!

竜人『強い娘だ……
よくがんばったな……
もう、だいじょうぶだ……

竜人『さあ、ヴァリトラ!

竜人『リヴァイアサン!!

竜人『……ガルーダ

竜人『ユルムンガルドはわたしに!

竜人『おいで、ヒューベリオン!

竜人『さあ、復活の時だ!
バハムート!!

センダック「アレキサンダーは!?

バハムート「生きのこった竜人は
これだけのようだ……
アレキサンダーは娘の中
だ……
しかし、戦
いはなくなった……
あるのはアレキサンダーの
怒りとにくしみ……
そしておそらく悲しみ……

パルパレオス「それではヨヨは?!

ヨヨ「しんぱいしないで……
わたし……だいじょうぶみたい……

ヨヨ「うん、だいじょうぶよ!

ヨヨ「だって、わたしは
むかしの弱いお姫さまじゃないもの。

ヨヨ「わたしはカーナの女王!
それにドラグナーなんだから!
アレキサンダーを心のなかに
いれておくくらい
なんでもないの。

マテライト「ちがいない!!

ヨヨ「バハムート……
カーナの守護竜
バハムート……
これからは……

バハムート『さあ……
私は復活の時をむかえたばかり……
明日は……見えぬ……

ヨヨ「なにを言えばいいのか……

バハムート『私は……おまえのなかにいたのだ。
おまえのこころは知っている……
我らの怒り……恐れ……
おまえ自身のよろこび……悲しみ……
さあ、ドラグナーよ。
ドラグナーの仲間たちよ。
オレルスがまっている。
帰るがよい。おまえたちの世界へ。


バハムート「ビュウ……。
ヨヨのこころの中で
おまえはとても大切にされていた。

バハムート「しかしそれは思い出の中のおまえだ……
いつかはきえさる記憶にすぎぬ……

バハムート「ビュウ……
新たなる時代は来た……
だが、新たなる時代は
すぐに古き時代となる……
時間には誰もさからえぬ……
さあ、ビュウ……
前だけを見てあるくのだ……
おまえが生きることができるのは
つぎつぎとおしよせる
いま、この時だけなのだ……


マテライト「さあ、ビュウ。
帰るんじゃ。

マテライト「……その前に。

マテライト「おまえに言わなくてはならない
ことがあるんじゃ。

マテライト「ありがとう、ビュウ。

マテライト「こんな言葉をつかったのは
ひさしぶりじゃ!
てれるのう!

マテライト「ささっ、ビュウ。
どんな顔をして
みんなの前にもどるんじゃ?


「アニキ!
本当にこの家を
ぼくたちにくれるのかな?

「マテライトのおっさんが
いいって言ってたからな……
本当なんだよな?

「ここもなつかしいですね。
思えば……
この家が全てのはじまりでした。

「タイチョー、ゾラ……
いろんな人が、戦争から逃れて
ここに集まったんだっけな……

「ぼくたち……
ビュウのアニキに出会うまで
野良
イヌみたいだったけど……
……けどさ…

「……けどさ?
けど、なんだよ

「なんでもないよ……

「どうしたんですか?
ビッケバッケ……

「……う、うん、ただ……
ぼくたちも一人前になったのかなって
思ってたら……
楽しかったこと……
つらかったこと……
ぜんぶ思い出しちゃって……

「……いろいろありましたね。

「や、やめろよ……
そんな、しみったれたこと言うなよ!
な……
なみだが出ちまうじゃねえか……

「わ、私だって…

「ぼくだって、さっきから
なみだが出るの、ずっと
が、がまんしてるんだ……

「アニキ……
あ、ありがとう
…なんだな……

「ビュウ!

「ビュウ隊長!!


「ビュウ……
あなたと出会えて良かった……


ドンファーン!

ドンファン「どうした? ルキア

ルキア「決まったわよ!
ついに…!

ドンファン「決まったって……
マハールの新しい国王が
きまったのかい?

ルキア「そうなの!
聞いて、おどろかないでよ!

ドンファン「だれ……?
まさかまさか……
純情硬派のドンファン様かい!?

ルキア「ちがうわよ!
タイチョーさんよ!
タイチョーさんが国王なの!

ドンファン「ほんとうかい!?

ルキア「ええ! グンソーの説得に
ついに負けちゃったみたいよ!

ドンファン「ははっ!
人のたのみをことわれないなんて
タイチョーどのらしいや!

ルキア「さあ、行きましょう!マハール宮殿に!
ジャンヌも待っているわよ!

ドンファン「ああ!


タイチョー「グンソー……なぜ、じぶんを国王に
したいでアリマスか?

グンソー「はっ! 新国王はタイチョー殿しか
考えられないからでアリマス!

タイチョー「じぶんは、かつて、このマハールを
まもれなかった男でアリマス…
はたして、みな
なっとくしてくれるでアリマスかどうか……

グンソー「何を言ってるでアリマスか!
タイチョー殿!
あなたは……
いつまでも私たちの長であります!

タイチョー「…………!!

グンソー「……今まで、あなたについてきて
本当に良かった…

ジャンヌ「わたしもそう思うよ!

ドンファン「純情硬派のドンファンも
そう思うであります!

ルキア「わたしも!

タイチョー「みんな……


「サウザー……


パルパレオス「終わったよ……何もかも……
俺たちが夢見た伝説も……
すべて終わったんだ……
…だけど、もう
おまえはいない……
なあ、サウザー?
おまえの目指したものは、本当は
戦争ではなく、平和だったんだろう?
……そんな気がするよ……
サウザー……
「…グッバイ、サウザー…

パルパレオス「ヨヨ……
俺は、やはりグランベロスに
ひとりで残

戦争が終わったとはいえ、
カーナにぬけぬけと
くわけにはいかないさ…
………すまない…
だが、おまえには
すばらしい仲間がいる……
さびしくなんかないよな?

「おまえが、うらやましい……
ヨヨ……
「グッバイ、
ヨヨ……
「グッバイ、神竜の
伝説……


「パルパレオス!

「おい、パルパレオス!
オレたち国民を
戦争にまきこみやがって!

「きさま、このせきにんを
どうやって、とってくれるんだ!

パルパレオス「……おまえたちの気のすむよう……
好きにするがいい……

「けっ!カッコウつけやがって!
おれのナイフのえじきにしてやる!


「はっ!


センダック「ヨヨ女王!
いったい、どうしました!?

ヨヨ「フフ……おおげさなのね。
なんでもないわ…
少しさむけがしただけです。

ヨヨ「マテライトは?

センダック「それが……
いつものように、おうざにむかって
ひとり言をブツブツと……

ヨヨ「……またですか。
カーナに戻って来てから
まいにちですね……。


王よ……
ヨヨさまは
すっかりたくましくなられました……。
カーナは心配いりません。
このマテライトがいるかぎり……
そして、あいつがいるかぎり……
あいつは……ビュウは
とてつもない男になりましたぞ……。
良い仲間がいてワシはしあわせです……


カーナ

マハール

グランベロス

ゴドランド

キャンベル

ダフィラ…

オレルスにちらばる無数のラグーンは
やがて平和協定を結び
ひとつの国家となり

元カーナ戦竜隊隊長ビュウは
空から全てのラグーンを
見守るやくめを任命された…

………あの伝説の竜とともに


神竜の伝説…
それに挑んだ一人の男から
すべてがはじまったんだよね

戦争
裏切り
神竜の
伝説…

そして
新たなる時代の扉が
ひらかれたんだっけ…

…新たなる時代って何かな?
……自由かな?
……それとも平和?

明日の見えない、ぼくたちには
知るよしもないんだな……
…だけど……

…だけど……

夢は自分で見つけなきゃ
希望は自分でつかまなきゃ
幸せは歩いて来ないんだな

へへ……おなかがへった
くらいのことで
泣いてちゃダメだよね……

「生きる」ってことは
じつは
とっても大変なことなんだな

…そういうことが
ちょっぴりだけど
わかったような気がする……

………そうそう

神竜バハムートは
アルタイルに帰るのをこばみ
オレルスの地に残ったんだ……

オレルスに
再び争いが起きないように……
ぼくらの守護者として……

……あれから
どれくらいの
時が流れたんだろう…

…いつしか
この世界は
こう呼ばれるようになったんだ

バハムート ラグーン……


(Staff Roll)

PRESENTED
BY
SQUARE CO LTD

TEAM
BAHAMUT LAGOON
STAFF

PROJECT LEADER

HITOSHI SASAKI
GAME DESIGN
AND
CHIEF GRAPHIC
AND
ILLUSTRATION

DIRECTOR

KAZUSHIGE NOJIMA
STORY EVENT

PRODUCER

TADASHI NOMURA

MAIN PROGRAMMERS

KAZUHISA MURAKAMI
FIELD

HIROSHI ONO
BATTLE
EVENT
DRAGON GROW
AND
TOOL MAKING

STORY EVENT PLANNER

MOTOMU TORIYAMA
HAPPY BIRTHDAY

SIMULATION PLANNER

TAKATSUGU NAKAZAWA

FIELD PLANNER

NAOYA KAWAHIRA

SPECIAL PROGRAMMER

TETSUJI IWASAKI
EFFECT
MENU
ETC

SUPER EFFECT GRAPHIC DESIGNER

KUNIO ASAHARA

ASSISTANT DIRECTOR

TAKESHI ENDO
BATTLE PLAN

EVENT PLANNER MAPPING

SATORU TSUJI

MUSIC COMPOSER

NORIKO MATSUEDA

SOUND ENGINEER

TERUAKI SUGAWARA

SOUND PROGRAMMER

HIDENORI SUZUKI
SQUARE SUZUKI
SOUND
SYSTEM MAKING

CHARACTER GRAPHIC DESIGNNERS

FUMIYASU SASAKI
MURASAKI IRIGUCHI

MONSTER GRAPHIC DESIGNER

SHIN NAGASAWA

EVENT BG GRAPHIC DESIGNER

RENA SASAKI

FIELD GRAPHIC DESIGNNERS

TAKAHIRO YAMASHITA
TOMOE INAZAWA

SPECIAL THANKS

KENICHI SHINODA
TAKATO ITOU
HIROMI MASUDA
HIROYOSHI HAMADA
YOSHITAKA HIROTA

JUN SAITOU
KIYOMI TANIKAWA
HISAKO SUZUKI
KENICHI OHKO
MIYABI ITO
KOUICHIRO MATSUMOTO

SUPERVISOR

HIRONOBU SAKAGUCHI

EXECUTIVE PRODUCER

TETSUO MIZUNO

THE END